化学物質過敏症患者によるシックハウス診断

コラム


こちらでは日頃気になっていることを書いていこうと思っています。用語集と重なる話題も出てくるかもしれませんがご了承ください。

過去のコラムはこちら。
1〜50   51〜100   101〜150  151〜200   201〜250   251〜300   301〜350   351〜400  401〜450


NEW457.塩化ベンザルコニウムについて。(2021/09/16)

 塩化ベンザルコニウムは殺菌剤としてよく見かけるようになりました。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 塩化ベンザルコニウムは、陽イオン界面活性剤の一種です。水溶液は日本薬局方収載医薬品で逆性石鹸として殺菌・消毒用に用いられます。消毒薬としてこの物質を有効成分とする逆性石鹸液は、オスバン、ヂアミトールなどの商品名で 50%、10%、ほか低濃度の水溶液が市販されています。

 示性式が C6H5CH2N+(CH3)2R•Cl (R = C8H17~ C18H37、長鎖アルキル)と表される四級アンモニウム塩の混合物です。第四級アンモニウム塩型のベンザルコニウム型四級アンモニウム塩に分類されています。


      Benzalconium_chloride
        塩化ベンザルコニウムの構造

 無色ないし淡黄色澄明な液で、わずかに特異臭があり、振ると泡だちます。通常、水で希釈して用いられます。手指の消毒には0.05~0.1%、手術部位の消毒には0.1%、粘膜には0.01~0.05%、腟(ちつ)、膀胱(ぼうこう)、尿道の消毒には0.005%、創口の消毒や皮膚疾患には0.01%液を塗布します。器具器械類の消毒にも使われますが、せっけん、血液、膿(うみ)など有機物(陰性荷電物)の存在で殺菌力が低下、または不活化します。

 殺菌の作用機序については、蛋白変性及び酵素の切断、糖の分解と乳酸の酸化など代謝への作用、膜透過性障害による溶菌、リン及びカリウムの漏出、解糖の促進、原形質膜の活動を支える酵素に対する作用などが考えられています。

 グラム陽性、陰性菌のみならず、芽胞のない細菌やカビ類といった真菌類に対しても殺菌作用があります。しかし、結核菌及び大部分のウイルスに対する殺菌効果は期待できません。炭素原子12個からなるアルキル側鎖を有しており、有機物存在下での殺菌力がすぐれています。エタノール液は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を含むグラム陽性菌6株及びグラム陰性菌8株の院内感染起因菌に対し殺菌効果、ウイルスの一部に対し不活化効果を示しますが、炭疽菌、破傷風菌などの芽胞形成細菌に対する殺菌効果は期待できません。


NEW456.除菌ウェットティッシュについて。(2021/09/02)

 ウイルス感染予防に除菌ウェットティッシュがよく使われます。どのようなものなのか簡単にまとめてみましょう。

 ウェットティッシュ、もしくはウェットワイプは、難水溶性のティッシュペーパー(不織布)にアルコールないし次亜塩素酸ナトリウムなどの水溶液を含ませたものです。主に衛生用の日用品で、人体や器物の表面をぬぐうことで汚れを取り除くものですが、場合によっては雑菌を殺菌する効果が期待されて利用されます。

 いわゆるティッシュペーパーは、紙を合成樹脂で加工して難水溶性を持たせてありますが、特にウェットティッシュでは合成繊維をシート状にした厚手で柔らかい風合いの不織布が用いられ、また含ませてある液体が乾かないようプラスチック製の容器かプラスチックフィルムのバッグなどの密閉パッケージに収められています。

 殺菌に特化した製品も見られますが、本来ウェットティッシュそのものには殺菌と呼べるほどの力は無く、もっぱら製品として腐敗することを防ぐ程度の濃度でしかないというのが一般的です。除菌と表記されているウェットティッシュは、『アルコールタイプ』と『ノンアルコールタイプ』の2種類に大きく分けられます。

 アルコールタイプではエタノールが主に除菌効果を発揮します。エタノールは揮発性ですので、気体となってその場からなくなります。ですので成分残留を考えるとエタノールを使用したウェットティッシュが最も安全性が高いです。

 ノンアルコールタイプは『塩化ベンザルコニウム』『塩化セチルピリジニウム』などの殺菌作用を持つ成分が使用されることが多々あります。しかしこれらの成分はエタノールなどと比較すると毒性や皮膚刺激が強く、配合上限濃度もかなり低めに設定されています。また揮発性ではないためその場に残留するリスクも無視できません。


NEW455.イブプロフェンについて。(2021/08/19)

 イブプロフェンは新型コロナワクチンでの発熱に解熱剤として使用できるくすりの1つです。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 イブプロフェンは、プロピオン酸系に分類される非ステロイド系消炎鎮痛剤 (NSAIDs) の1種です。日本では商標名ブルフェンで知られ、医療用だけでなく一般医薬品としても広く流通しています。関節炎、生理痛および発熱の症状を緩和し、また炎症部位の鎮痛に用います。イブプロフェンは1960年代に英Boots Groupの研究部門によりプロピオン酸の誘導体として創薬されました。


      ibuprofen
        イブプロフェンの構造

 解熱薬や鎮痛薬として使われる成分の一つです。痛みや熱の原因物質であるプロスタグランジンの体内での合成を抑え、鎮痛、解熱効果を発揮する他、抗炎症作用もあります。頭痛や関節痛、生理痛の他、かぜによるのどの痛みの緩和や解熱にも使用され、解熱鎮痛薬としてだけでなく、総合感冒薬(かぜ薬)にも配合されています。通常、関節リウマチ、関節痛、神経痛、背腰痛、頸腕症候群、月経困難症、手術・外傷後などの消炎・鎮痛、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。

 もっとも多い副作用は胃腸症状です。重症化することはまれですが、胃潰瘍など消化性潰瘍にも念のため注意が必要です。また、人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがあります。アレルギー体質の人や、もともと喘息のある人は要注意です。

 そのほか、腎臓や肝臓の働きが悪くなったり、血液に異常があらわれることがあります。リウマチなどで長期に服用する場合は、定期的に肝機能や腎臓の検査、また胃の検診を受けるとよいでしょう。

 日本では1985年12月にスイッチOTCとしてエスエス製薬から「イブ」が発売され、後に同社の総合感冒薬「エスタック イブ」シリーズに配合されたり、他の鎮痛成分を併せた「イブA」を1990年に、素早く効果を発揮する「イブクイックA頭痛薬」を2006年に発売しています。現在では他 の大衆薬メーカーも同様の製品を販売しています。ただし小児用市販薬としては認可されていません。


454.ロキソプロフェンについて。(2021/08/05)

 ロキソプロフェンは新型コロナワクチンでの発熱に解熱剤として使用できる薬の1つです。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 ロキソプロフェンは、プロピオン酸系の非ステロイド性消炎鎮痛剤です。商品名はロキソニンで、第一三共が発売し、後発医薬品も各社から発売されています。現在、日本・メキシコ・ブラジルでよく使用されている抗炎症薬の一つです。

 消化管よりすみやかに吸収され、鎮痛・抗炎症・解熱作用が強く、消化管障害が比較的少ないとされています。肝臓、皮膚、筋肉でのカルボニル還元酵素の代謝により、体内で速やかに活性の高い trans-OH型に変換されます。発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑制することで炎症を鎮め、腫れの抑え、鎮痛、解熱作用などを示します。


       Loxoprofen
       ロキソプロフェンの構造

 内服剤に錠剤(60ミリグラム)、細粒(10%)、外用剤にテープ、パップがあります。

内服剤
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛の消炎、鎮痛に、また、手術後、外傷後ならびに抜歯後の鎮痛、消炎に1回60ミリグラム、1日3回経口投与する。頓用(とんよう)の場合は、1回60ミリグラム、1日1~2回投与する。空腹時の投与は避ける。

外用剤
テープおよびパップは、変形性関節炎、筋肉痛、外傷後の腫脹(しゅちょう)・疼痛(とうつう)に患部に貼付(ちょうふ)する。

 副作用は、内用で消化器症状(胃部不快感、腹痛、悪心・嘔吐(おうと)、食欲不振等)、むくみ、発疹(ほっしん)、眠気等が報告されています。発現は少ないですが、重大な副作用として、アナフィラキシーショック、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、うっ血性心不全、間質性肺炎、消化管出血、肝機能障害、喘息(ぜんそく)発作などがあげられています。そのため、薬剤師による対面販売が必要となる「第一類医薬品」に指定されています。


453.フェノキシエタノールについて。(2021/07/22)

 フェノキシエタノールは防腐剤として広く使われています。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 フェノキシエタノールは、グリコールエーテルというアルコールの一種です。玉露の揮発成分として発見された成分で、全成分表示でも同じ名前で化粧品や医薬部外品の防腐剤として使用されます。

 フェノキシエタノールは、エチレングリコールの水酸基の片方とフェノールの水酸基とが、エーテル結合をした構造を持つ有機化合物です。その構造からグリコールエーテル、フェノールエーテル、芳香族アルコールに分類されています。


       phenoxyethanol
       フェノキシエタノールの構造

 フェノキシエタノールは、ホルムアルデヒドを放出する防腐剤の代用として使用され、日本及び欧州連合では、化粧品への使用濃度が1%に制限されています。ワクチンなどの医薬品・化粧品・染料・インク・樹脂・潤滑剤用の防腐剤として用いられる場合があります。

 その他の用途としては、塗料の防カビ剤、香料の保留剤、防虫剤、織物の捺染助剤、写真フィルムの添加剤、消毒薬、アセチルセルロースの溶媒、水産養殖用の麻酔薬、有機合成化学に利用されています。また、第4級アンモニウム化合物と同様に、農薬用の殺菌剤やゲル化安定剤としても使用されています。

 フェノキシエタノールは、細菌に対して、菌膜破壊、細胞質成分の漏出、組織破壊によって抗菌力を発揮します。グラム陰性菌およびグラム陽性菌、ならびに酵母型のカンジダ・アルビカンスに対して有効とされています。


452.乳化剤とは何か。(2021/07/08)

 乳化剤は食品添加物の一種です。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 水と油のような、本来混じり合わないものの境界面で働いて、均一な状態を作る作用を持つものを乳化剤といいます。例えば、マヨネーズは、卵黄中に含まれるレシチンが乳化剤として働いて、サラダ油が卵や酢の中に均一に混ざっている食品です。乳化剤と界面活性剤は同義ですが、食品用として使用される場合は界面活性剤と表記せず乳化剤と呼んでいます。

 食品中で水と油が乳化している時、水の中に油が粒子となっている場合を水中油型=O/W型(Oil in Water)と言い、反対に油の中に水が粒子となっている場合を油中水型=W/O型(Water in Oil)と呼びます。O/W型乳化の例が牛乳、アイスクリーム、マヨネーズなどで、W/O型の例がバター、マーガリンなどです。O/W型とW/O型にはそれぞれ適した乳化剤があります。

 合成添加物としてはグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、プロピレングリコール脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステルが認可されていて、このうち最も消費量が多いのがグリセリン脂肪酸エステルです。ほかに天然添加物・既存添加物として、ダイズや卵黄から採られるレシチン、キラヤから採られるサポニン、牛乳を原料とするカゼインナトリウムなどが使用されます。

 食品に乳化剤を使用する目的は、なめらかな食感や風味の改善、老化防止、分散効果、湿潤効果、浸透効果、気泡効果、消泡効果などがあります。パンやケーキでは、デンプンに作用して食感がソフトになったり、起泡剤として使われています。また、油脂を均一に分散させて生地をなめらかにし、水分の蒸発を防ぎ老化を防止します。


451.ポリソルベートについて。(2021/06/24)

 ポリソルベートは様々なワクチンに使われる添加物の一種です。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 ポリソルベートはソルビタン脂肪酸エステルともいい、食品用乳化剤や化粧品・工業用界面活性剤として、単独または他の界面活性剤と配合して用いられます。

 O/W(水中油滴)型乳化として、ソルビタンモノステアレートとソルビタントリステアレートを組み合わせたものが、ショ糖脂肪酸エステルと配合してコーヒーフレッシュに、またレシチン・グリセリン脂肪酸エステルと配合してホイップクリームに用いられています。

 W/O(油中水滴)型乳化としては、マーガリンの水分分離防止や、パン製造時の離型剤としてソルビタンモノステアレートが、バタークリームの離水防止・保型性向上のためソルビタンジエステルや同トリエステルが用いられることがあります。消泡剤としてはソルビタントリオレエートやトリエルシネートがプリンミックスや発酵食品・佃煮などに用いられます。

 その他、医薬品や化粧品の添加物としても用いられます。(この場合、成分表示にはポリソルベートと表記する) また、プラスチック用帯電防止剤や、食器洗浄機用乾燥仕上げ剤としても用いられます。

 ポリソルベートの種類は以下の4種類です。どれも基本のポリオキシエチレンソルビタンという物質に脂肪酸を結合させたものです。また、ポリソルベートの後に、20、60、65、80と数値が表記されていますが、これは数値が高くなるにつれて油に近い性質があり、低いほど水に近い性質になります。

ポリソルベート20
別名:モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(Tween 20)
主としてラウリン酸を結合させた物質です。4種の中で一番に水によく溶けます。

ポリソルベート60
別名:モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(Tween 60)
主としてステアリン酸及びラウリン酸を結合させたものです。

ポリソルベート65
別名:トリステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(Tween 65)
主としてステアリン酸及びパルミチン酸を結合させたものです。他の3種に比べて油との相性がよく油によく溶けます。

ポリソルベート80
別名:オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(Tween 80)
主としてオレイン酸を結合させたものです。

 ポリソルベートはポリエチレングリコールと構造が似ています。ポリソルベートに対するアレルギーを持っている方は同時にポリエチレングリコールに対するアレルギーを持っている可能性があります。既存の様々なワクチンに使われていて、これらのワクチンに対してアレルギーを持っている場合にはポリエチレングリコールを含んでいるコロナワクチンにもアレルギー反応を起こす可能性があると言われています。




ホームにもどる  1〜50を見る  51〜100を見る  101〜150を見る  151〜200を見る  201〜250を見る   251〜300   301〜350   351〜400  401〜450を見る



2007-2021 Seiiti Saito