化学物質過敏症患者によるシックハウス診断

コラム


こちらでは日頃気になっていることを書いていこうと思っています。用語集と重なる話題も出てくるかもしれませんがご了承ください。

過去のコラムはこちら。
1〜50   51〜100   101〜150  151〜200   201〜250   251〜300   301〜350   351〜400


NEW414.フッ化水素とはなにか。(2019/09/19)

 韓国との件でフッ化水素が注目されています。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 フッ化水素とは、 水素とフッ素からなる無機化合物のことで、分子式が HF と表される無色の気体または液体です。水溶液はフッ化水素酸(フッ酸:弗酸)で弱酸です。毒物及び劇物取締法の医薬用外毒物に指定されています。99.99%以下の低純度製品は製造が容易ですが、99.999%以上のエッチングガスと呼ばれる超高純度のモノは、2019年7月時点で日本企業のみが製造出来ます。

 強い毒性があり、ヒトの経口最小致死量 = 1.5 g、または 20 mg/kg(体重あたり)です。吸引すると、灼熱感、咳、めまい、頭痛、息苦しさ、吐き気、息切れ、咽頭痛、嘔吐などの症状が現われます。また、目に入った場合は発赤、痛み、重度の熱傷を起こします。皮膚に接触すると、体内に容易に浸透します。フッ化水素は体内のカルシウムイオンと結合してフッ化カルシウムを生じさせる反応を起こすので、骨が脆くなります。濃度の薄いフッ化水素酸が付着すると、数時間後にうずくような痛みに襲われますが、これは生じたフッ化カルシウム結晶の刺激によるものです。また、浴びた量が多いと死に至ります。これは血液中のカルシウムイオンがフッ化水素によって急速に消費されるために、血中カルシウム濃度が低下し、しばしば重篤な低カルシウム血症を引き起こすためです。

 フッ化物の製造原料として用いられます。蛍石を硫酸で溶かして作るフッ化水素は他の物質と結合しやすい性質があります。高級ガソリンを作る時に入れる触媒であり、フライパン・屋根材料・電線被覆・眼鏡レンズなどに使われるテフロン(合成樹脂)の材料でもあります。岩石を溶かしてウランを抽出する時に使われるたり、エアコン・冷蔵庫の冷媒や洗濯用合成洗剤にも使われています。

 表面を滑らかにしたり、高級な質感を出したりするのにも使用されます。このような用途に使われるフッ化水素は99.9%以下の低純度製品です。こうした製品は韓国・中国・台湾・インドなどでも作られています。半導体製造工程用のフッ化水素は超高純度でなくてはならず、純度が低いほど、不純物が増えて不良率も跳ね上がります。例として、純度99.99%のフッ化水素内にある不純物は、純度99.999%のフッ化水素内にある不純物の10倍になります。純度99.999%以上でFive9と呼ばれるモノは集積回路やディスプレイ製造過程における洗浄剤として使用され、現在のハイテク産業を支える重要な物質です。


NEW413.水銀について。(2019/09/12)

 水銀は金属なのに常温で液体です。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 水銀は原子番号80の元素で、元素記号は Hg、第12族元素に属しています。常温、常圧で凝固しない唯一の金属元素で、銀のような白い光沢を放つことからこの名がついています。天然には自然水銀などが鉱石としてまれに採取されますが、主要鉱石は辰砂です。

 膨張率が大きく,広い温度範囲で一定であることから、温度計に用いられるほか、気圧計、水銀ランプ、電気スイッチ、鏡、水銀ポンプ、水銀塩の製造、触媒、鉱石からの金、銀の抽出、整流器、アマルガム、電極など、非常に広い用途があります。

 純粋な金属水銀は、他の重金属と同様に、蓄積されることによって毒性を示します。皮膚からはゆっくりと吸収されますが、消化器からの吸収はさらにゆっくりです。蒸気を吸入すると肺から容易に取り込まれます。呼吸器系から蒸気として吸収すると毒性が強いものの、他の経路からの場合ではそれほどでもないとされています。

 金属水銀は吸収されることなく消化器系を通過することもあるとされ、歴史的には腸の障害を機械的に除去するために用いられたこともありました。今日では毒性がよく知られているため、そのようなことは行われません。

 水銀の化合物は単体の水銀よりもはるかに高い毒性を持つことが知られ、水銀を含む有機化合物では特に顕著です。例えば、ジメチル水銀は千分の1ミリリットルの量でも死に至る神経毒です。

 水銀は中枢神経・内分泌器・腎臓などの器官に障害をもたらし、口腔・歯茎・歯にも損傷を与えます。高濃度の、もしくは低濃度であっても長時間水銀の蒸気にさらされると、脳に障害を受け、最終的には死に至ります。水銀およびその化合物は、特に胎児や幼児に対して有毒です。妊娠した女性が水銀に被曝した場合、発声障害を持った子供が生まれることがあります。


NEW412.アマルガムとはなにか。(2019/06/27)

 アマルガムは虫歯の治療に使われていました。どのようなものなのか簡単にまとめてみましょう。

 アマルガムは水銀と他の金属との合金の総称です。カドミウム、鉛などの低融点金属はよく水銀に溶け、金、銀、銅もある程度は溶けますが、鉄、ニッケルなどの高融点金属はアマルガムにはなりません。水銀の多いアマルガムは軟らかく、語源はギリシア語の málagma (軟膏) といわれています。銅像などに軟らかい金アマルガムを塗り,加熱して水銀を蒸発させると金メッキになり、奈良の大仏の金メッキにおいてもこの方法が用いられました。また鉱石中の金を水銀で抽出することもできる混汞法 (こんこうほう) などの技法は古代エジプト王朝時代から知られていました。

 銀スズ合金のアマルガムは歯科用充填(じゅうてん)材として広く用いられていますが、近年その使用量は減少傾向にあります。(主流ではないが現在でも用いられることがある)鉛、ビスマス、スズのアマルガムは鏡面製造に利用されます。

 アマルガムを歯科治療に使う場合に水銀の毒性が問題になります。一般に水銀中毒で問題となるのは塩化水銀(II)(昇汞)や有機水銀です。毒性は、ガス体として吸収されるか、粉末状で皮膚に付着したときに強く現れます。水銀化合物のなかで、水および希塩酸に溶けるものは一般に猛毒で、水に溶けないものほど毒性が弱くなります。アマルガムに含まれているのは毒性の低い無機水銀です。

 水銀による急性中毒では、胃痛、嘔吐、貧尿の後、著明な腎障害、尿閉塞を起こします。また、流涎、口や歯茎の腫れを起こします。重症では非常に疲労感が強く、頻脈の後、虚脱に陥り、服用後数時間で死亡する場合もあります。有機水銀は無機水銀よりも毒性が強く、中枢神経系、特に脳神経障害を起し、歩行・起立不能、四肢運動麻痺、言語障害、難聴、視野縮小、神経障害などにより死亡します。水銀が関係した公害病としては、熊本の水俣病が有名です。また、新潟の阿賀野川流域でも水俣病の発生が確認されました。(第二水俣病)


411.歯科用セメントについて。(2019/06/20)

 歯科用セメントは金属などの素材を歯に接着するために使われます。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 虫歯の治療方法の一つに、う蝕部を含めて歯を削り、適当な形に窩洞をつくって、それに適合する形態の固形修復物を技工的に作製してはめこみ,セメントで固着させる方法があります。この修復物をインレーといい、修復物と歯質をつなぐために使われるのが歯科用セメントです。

 歯科用セメントは歯髄刺激性を抑える一方で耐衝撃性や耐熱性、化学的な安定性を求められます。さらに、修復物の種類は金属、ポーセレン、レジンと様々なので、それぞれに対して有効な接着能力を持っていなければいけません。

リン酸亜鉛セメント
 粉末は酸化亜鉛(ZnO)を主成分とし、約90%を占めている。これに補助成分として酸化マグネシウム(MgO)、酸化ビスマス(Bismuth Oxide)(Bi203)、シリカ(SiO2)が、製造上の調整や硬化反応の調節のため約10%含まれている。液は正リン酸(HP3O4)の約30~40%水溶液であり、これに反応速度を調節(遅くする)ためにリン酸アルミニウムとリン酸亜鉛が用いられている。

カルボキシレートセメント
 このセメントには、それまでのリン酸セメントになかった歯質や金属への接着性があり、また歯髄刺激性がきわめて少ないという特徴がある。
 粉末はリン酸亜鉛セメントと同様に酸化亜鉛(ZnO)が主成分で、90~95%を占めている。これに酸化マグネシウム(MgO)が5~10%。副成分として加えられている。液は30-50%のポリアクリル酸水溶液である。

グラスアイオノマーセメント
 合着用セメントとしても多用されている。またグラスアイオノマーセメントの中にレジン成分を混入し、その硬化をグラスアイオノマーの酸・塩基反応とレジンの重合反応によって行い、セメントとしての性能を総合的に向上させた新しいタイプのものもある。
 粉末はフルオロアルミノシリケートガラスの粉砕微粒子である.その主成分は35~40%のシリカ(SiO2)と20~30%のアルミナ(Al2O3)であり、これに溶融時のフラックスとして15~20%、フッ化カルシウム(CaF2)、その他のフッ化物やリン酸アルミニウムが加えられている。これらが加熱融解されてガラスとなり粉末の原料とされている。液はアクリル酸とイタコン酸あるいはアクリル酸とマレイン酸の共重合体(アクリル酸2分子と他の酸l分子が結合)の50%弱の水溶液に酒石酸5%が添加されている。

レジンセメント
 これまでの無機質材料扮末と酸液を練和して硬化させる代わりに、レジンを重合させて硬化させ合着材として用いるものである。本材料は、成分として接着性モノマーを含み表面処理した歯質や鋳造修復物に強力な接着を示すのが特徴である。MMA-TBB系レジンセメント、BPO-アミン系レジンセメン、デュアルキュア型レジンセメントなど、様々な種類が開発されている。


410.歯科治療資材について。(2019/06/13)

 虫歯の治療には様々な素材が使われます。どのようなものがあるのか簡単にまとめてみましょう。

 軽度の虫歯であれば、自然治癒することもありますが、一定水準以上まで進行した虫歯により失われた歯の構造は再生しません。治療はまず、虫歯部位の歯質を切削し、その後歯科修復材料で形態を修復します。使用する歯科修復材料は虫歯の部位や患者の希望等によりコンポジットレジンや充填用セメント、インレー、アマルガムなどから決められます。

金属

アマルガム
 アマルガムは、水銀と他の金属との合金の総称。 日本では、1970年代頃まで歯科修復材料として頻繁に使われていたが、近年では水銀の害の問題が大きいため、あまり使用されていない。日本の公的保険適用。
金銀パラジウム合金
 アマルガムに代わって広く使われるようになった。通称「金パラ」。日本の公的保険適用。
ニッケルクロム合金
 金属アレルギーが起きやすいため、あまり使われない。日本の公的保険適用。
金合金
 歯牙の修復において、金を直接・緊密に充填する修復法のこと。今の日本では、ほとんど選択されることのない修復法である。

白色の材料

レジン
 合成樹脂の一種。磨り減りやすくしかも割れやすいので、噛み合わせなどには使えない。吸水性があるので長期的には変色する。また変形もしやすく、二次カリエスの可能性がある。種類が多く、日本の公的保険適用のものと適用外のものとがある。
セラミック
 白色で変色もせず、審美性は最も優れている。磨り減りにくく変形もしにくいが、割れやすい。高価。
ハイブリッド
 セラミックに微量のレジンを混合させて使う。長所と短所はセラミックに準ずるが、セラミックよりは割れにくく、わずかに変色する。セラミックよりは安価。

 上記以外にも多くの種類があり、保険適用外のものは一般に高価です。また、金属では金合金以外は、長期的には錆びて溶出し、金属アレルギーを起こすことがあります。


409.代替フロンについて。(2019/06/06)

 フロンの代わりとして代替フロンが使われています。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 代替フロンとは、オゾン層破壊物質としてモントリオール議定書で削減対象とされた「特定フロン」(クロロフルオロカーボン、CFC)を代替するために開発された物質のことで、水素原子を含むハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、パーフルオロカーボン(PFC)等があります。

 オゾン層破壊効果の強いフロンは、塩素原子を含んでいることがその原因です。そのため、塩素原子を水素原子に置換することにより、オゾン層破壊効果を抑えることができます。

 HCFCは塩素を含んでいますが、水素を含むフロンであるため、対流圏内で分解されやすく、成層圏のオゾン層に達する確率は低いために、オゾン層破壊への影響はフロンの1/10~1/100とされています。しかし、HCFCもCFCに比べて弱いとはいえ、オゾン層破壊効果を持つことから、モントリオール議定書により、2030年(その後、1995年のウィーン会合での決議により、前倒しして2020年)に全廃することが定められています。

 一方、HFCは塩素原子を含まないことから、オゾン層破壊は起こさず、代替フロンとしては最適と言えます。しかし、HFCは二酸炭素の140~11700倍という強い温室効果をもつため、京都議定書の削減対象とされています。

 国際的な枠組みとしては、CFCをまず全廃した後、HCFCも将来的には全廃し、HFCも京都議定書の枠内で排出削減を図ることとなっています。

 国内法では、オゾン層保護法により、特定フロン等の生産・輸入を段階的に廃止するとともに、冷凍空調機器から、CFC、HCFC、HFCを回収するために「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(フロン回収・破壊法)」が2001年に制定されています。この法律では、自動車用エアコン、業務用エアコン、冷凍機器の冷媒として使用されているフロン類の回収・破壊が義務づけられました。


408.フロンとはなにか。(2019/05/30)

 フロンは冷蔵庫などの冷媒として使われていました。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 フロンは、フルオロカーボン類の日本で命名した総称名であり、CFC、HCFC、HFC、PFCなど種々の化合物を包括します。クロロフルオロカーボン(CFC)は、天然には存在しない人工の化合物で、メタン分子やエタン分子の水素(H)を塩素(Cl)とフッ素(F)で置換したものです。フロンは無色無臭の気体又は液体で、熱的にも化学的にも安定しており、毒性も引火性もないため、冷房、冷蔵、冷凍用の冷媒や、化粧品用エアロゾル剤、高級な溶剤、消化剤、ウレタンフォームなどの発泡剤に用いられています。

 狭義の「フロン」は炭素・フッ素・塩素のみからなるクロロフルオロカーボン (CFC) を指しますが、塩素を含まないフルオロカーボン (FC) や、水素を含むハイドロクロロフルオロカーボン (HCFC) およびハイドロフルオロカーボン (HFC)、臭素を含むハロンも含める場合もあります。オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書に掲載された一連の物質を指して「フロン類」という言葉が使用されることもあります。95年末に特にオゾン層破壊力の強い特定フロン(フロン11・12・113・114・115)の生産・消費が打ち切られています。

   flon
         主なフロンの構造

 大気中に放出された CFC は紫外線によって分解し、塩素ラジカルが発生します。塩素ラジカルはオゾンと反応し、酸素分子と一酸化塩素ラジカルになります。この時発生した一酸化塩素ラジカルは再度オゾンと反応し、塩素ラジカルへと戻ります。このサイクルが繰り返されることによりオゾン層が破壊されます。但し、理論上そうなるということであり、大気圏中における実際の作用は不明で、オゾンホールとの因果関係は予測の域を越えていません。

 また、HFC(ハイドロフルオロカーボン)のことを一般に「代替フロン」といいます。HFC は塩素を持たないためオゾン層を破壊しません。しかし、代替フロンは二酸化炭素の数百倍~数万倍の温室効果があり、地球温暖化の原因になるとして問題となっています。


407.エステルとはなにか。(2019/05/16)

 エステルは香料や可塑剤など様々な用途があります。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 エステルとは酸とアルコールとから水がとれてできる化合物の総称です。炭酸、リン酸、硝酸、硫酸、ホウ酸、スルホン酸などとアルコールから得られるエステルはそれぞれ、炭酸エステル、リン酸エステル、硝酸エステル、硫酸エステル、ホウ酸エステル、スルホン酸エステルと呼ばれます。中性洗剤として利用される硫酸ドデシルナトリウムは硫酸エステル、ダイナマイトのニトログリセリンは硝酸エステルの例です。

 単にエステルと言えば、カルボン酸とアルコールの脱水縮合により得られる、次のような部分構造をもつ化合物(カルボン酸エステル)をさすことが一般的です。

   Ester
     カルボン酸エステルの構造

 エステルは溶剤(ノンアセトンタイプの除光液の主成分は酢酸エチル)やプラスチックとして用いられるため、身近な存在になっています。ポリエステル繊維やペットボトルのPET(ポリエチレンテレフタラート;テレフタル酸とエチレングリコールがエステル結合で重合したもの)はポリエステルの一種です。天然由来のエステルも多く知られていて、ミツバチが作る蜜蝋やクジラから取れるロウはエステルが主成分で、ろうそくやワックス、潤滑油などに利用されています。アルコール部分がグリセリンであるエステルは油脂と呼ばれ、脂肪はこれにあたります。

 低分子量のエステルは芳香のある化合物であることが多く、植物の精油中に含まれているものもあります。人工果実エッセンスとしてもエステルが使われていて、例えば酢酸イソアミル、酢酸ベンジル、イソ吉草酸イソアミルはそれぞれバナナ、ジャスミン、リンゴ様の芳香があります。低分子のカルボン酸エステルのうち、酢酸エチルは有機溶剤として溶媒、塗料、接着剤など幅広く使用されます。

 工業上での用途をもつエステルとしては、油脂のほかに香料として食品、化粧品、せっけんなどに添加されているエステル、さらにはポリエステル繊維、ポリエステル樹脂があります。このほかに合成樹脂の原料となる酢酸ビニル、メタクリル酸メチルなどの単量体、可塑剤となるフタル酸エステル、溶剤として使われる酢酸エチル、酢酸アミルなどの低級エステルをあげることができます。


406.可塑剤とはなにか。(2019/05/09)

 プラスチックには多くの場合、可塑剤が使われています。どのようなものなのか簡単にまとめてみましょう。

 一般に熱可塑性樹脂はガラス転移点温度を持っています。この温度以下では分子配列が秩序だった結晶性を示し、この温度から融点までの温度帯では分子配列はアモルファス状態になっています。アモルファス状態の熱可塑性樹脂は柔軟性があり、光の透過性が高かったり樹脂の特性として有用な場合が多いです。一方、結晶性の樹脂は不透明であったり、低温で結晶化が進行すると衝撃や外力に対して脆い性質があり、樹脂を利用する上で欠点とされる特性を示すことが多くなります。

 可塑剤とは、ある材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のことです。可塑剤は、ポリマー分子間に浸透してポリマーの分子間力を弱め、それぞれの分子鎖を動きやすくすることによって、ポリマーのガラス転移点を低下させ、ポリマーに柔軟性を与えます。特に、ポリ塩化ビニルは可塑剤の添加量によって自由に柔軟性をコントロールでき、多くの用途に適用させることができます。

 可塑剤は主に、酸とアルコールから合成されるエステル化合物です。酸としてはフタル酸、イソフタル酸、ト リメリット酸、アジピン酸、リン酸などがあり、アルコールはオクタノール、ブタノール、ノナノール、高級混合アルコールなどを使います。これらの特性を活かした組み合わせで、多くの種類の可塑剤が作り出され、使う種類を選ぶことで耐久性、耐熱・耐寒性、絶縁性など目的に合った塩ビ製品を作り出すことが可能です。

主に使われているものとして下記のようなものがあります。

フタル酸エステル
 無水フタル酸とアルコールのエステル。性能バランスが良い汎用の可塑剤で、広範囲の軟質ポリ塩化ビニル製品及びゴム製品に使用される。
アジピン酸エステル
 アジピン酸とアルコールのエステル。低温柔軟性と耐熱性を持たせる可塑剤で、食品用ラップフィルム等に使用される。
トリメリット酸エステル
 トリメリット酸とアルコールのエステル。耐熱・耐候性に優れた低揮発性の可塑剤で、耐熱電線被覆や自動車用合成皮革等に使用される。
ポリエステル
 カルボン酸とグリコールから成る低分子ポリエステル。低揮発性・耐油性の可塑剤で、機器内配線用電線被覆やガスケット等に使用される。原料の種類及び重合度により性能が異なり、品種は多岐にわたる。
リン酸エステル
 難燃性を持たせる可塑剤で、ゴム製品にも使用される。
クエン酸エステル
 低毒性が特徴の可塑剤。ポリ塩化ビニリデンの食品用ラップフィルムに使用される。軟質ポリ塩化ビニル玩具へも使用が拡大している。
エポキシ化植物油
 耐熱性を持たせる可塑剤として、食品用ラップフィルム等に使用される。樹脂の熱安定剤としても優れている。


 可塑剤には樹脂とよくなじみ(相溶性)、最少量で必要な軟らかさを実現でき(可塑化効率)、空気中に揮散しにくく(低揮発性)水へ溶け出したり他素材に移行しない(低移行性)などの性能が要求されます。使用する製品に要求される性能に合わせて可塑剤が選択されています。


405.メラミンスポンジについて。(2019/04/25)

 メラミンスポンジは水だけで汚れを落とします。どのようなものなのか簡単にまとめてみましょう。

 メラミンスポンジ(メラミンフォーム)はたわしやスチールウールの様に食器・調理器などの汚れ落としに利用されます。研磨剤の効果があるために洗剤を使用しなくても比較的硬い汚れを落とすことが可能で、従来のスポンジで落とすことの出来なかった茶碗やマグカップに付着した茶渋などを落とすのに適しています。 欠点としては、プラスチックなど洗浄対象によっては傷を付けてしまうことがあります。

 メラミン樹脂とは、アミノ樹脂に属する熱硬化性樹脂でメラミンとホルムアルデヒドとの重縮合により製造される合成樹脂の一種です。メラミン–ホルムアルデヒド樹脂とも呼ばれています。

   Melamine_resin
        メラミン樹脂の構造

 メラミン樹脂はメラミンとホルムアルデヒドとから直接製品とするのではなく、両者をアルカリ条件下で縮合させたメチロールメラミンを加工品原料としています。メチロールメラミンは加熱すると重縮合を起こし、網目状に架橋することで熱硬化樹脂になります。非常に硬く、表面硬度が優れるのが特長です。

 メラミンスポンジ(メラミンフォーム)は、メラミン樹脂の元であるホルムアルデヒド –とメラミンに加え、亜硫酸水素ナトリウムの共重合によって作り出される発泡体です。メラミン樹脂はその特性が発泡体になることで、網の目のように非常に細かくなり、研磨材として使用ができるようになります。

 基本的には洗剤を使用せず水に濡らすことで汚れを削り落とすという使用方法になり、主に頑固な油汚れや水回りの使用に限定されます。そのため表面をコーティング加工や塗装されたものに使用するとコーティング素材や塗装を削り取ってしまうため、使用に関しては注意が必要になります。

 メラミンスポンジ(メラミンフォーム)は各社から製品が発売されていますがが、取り扱い説明書に必ず使用していいものと使用してはいけないものが明記されています。また、油汚れや水垢を落とす目的で使用する場合にもくもり止め加工や表面加工がされていない鏡やタイル、ステンレス、プラスチックに限定され、光沢や塗装、コーティングされているものは傷が付くので使用は控えるべきです。


404.ポリ塩化ビニリデンについて。(2019/04/18)

 食品用ラップとして使われる樹脂にポリ塩化ビニリデンがあります。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 ポリ塩化ビニリデンは PVDC の記号で表記される熱可塑性のプラスチックです。単独重合体は結晶性で安定性が悪いので、塩化ビニルなどと共重合させた塩化ビニリデン樹脂として使用します。 一般に塩化ビニル、アクリル酸エステル、アクロニトリルなどと共重合体として使用され、これらのうち塩化ビニリデンを50%以上含むものをポリ塩化ビニリデンと呼んでいます。

      polyvinylidene chloride
        ポリ塩化ビニリデンの構造

 ポリ塩化ビニリデンは酸やアルカリ等への耐薬品性に優れ、ガスバリア性(酸素と水蒸気(水分)の両方を非常に通しにくい)にも優れた無色透明の弾性のあるプラスチックです。耐熱温度は 130~150℃になります。食品用途のポリ塩化ビニリデンフィルムは、主に塩化ビニリデン 70~90%、塩化ビニル10~30%の共重合体です。

 ポリ塩化ビニリデンから、ラップや包装フィルム、繊維を作るときは、成形性及び製品の性質を改善する目的で、可塑剤(柔軟剤)や安定剤のような添加剤を加えます。この原料を加熱溶融して、フィルムや繊維の形状に成形して製品が作られます。

 ポリ塩化ビニリデン製ラップフィルムを油脂性食品に使用する時は、可塑剤の移行を抑えるため、食品と直接接触しないようにし、電子レンジ加熱は避けるようにしましょう。また、焼却時に塩素ガスを発生しダイオキシン を生成する可能性があるので廃棄するときは必ず不燃ごみに分別して廃棄する必要があります。(居住する地域により、取り扱いに違いがあります。)


403.パラチノースについて。(2019/02/28)

 近年、甘味料としてパラチノースが使われるようになりました。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 パラチノースは砂糖由来の糖質で、蜂蜜に微量に含まれ、ブドウ糖と果糖から成る天然の二糖類として知られています。物質名はイソマルツロースであり、パラチノースという名称はこの甘味料が発明されたドイツの地名プファルツ(Pfalz)の英語名Palatinateにちなんだものです。

      Isomaltulose
        イソマルツロースの構造

 パラチノースは、スクロース(ショ糖)に転移酵素を作用させて結合の仕方を変えた、グルコースおよびフルクトースからなる二糖の一種です。天然では蜂蜜に微量に含まれていますが、量が少なく、一般に利用されるのは、工業的に砂糖から合成されたものです。

 砂糖の 42%の甘味で、菓子製造原料に用いられます。日本では1985年より甘味料として用いられ、様々な製品に用いられています。抗齲蝕性があり、1986年には「虫歯にならない天然の糖」のキャッチフレーズを売りにした歯磨きガムが発売されました。

 砂糖と同様、体内で完全に消化されるため 4kcal/gの質量あたり生理的熱量を持っていますが、ゆっくりと分解される性質から、血糖値が急激には上がりません。そのため、インスリンの急激な放出や、血糖値の急落を抑えられ、持続性のあるエネルギー供給ができます。 特に糖尿病患者用の食事に砂糖の代わりに用いられています。

 また、インスリン値が低いためエネルギー源として脂質の使用を阻害しません。そのため、砂糖と比較してエネルギーとして使用される脂肪の量を増加させ、代謝を促進させることが知られています。


402.固形の塩素系薬剤について。(2019/02/21)

 塩素系の薬剤に固形のものがあります。どのようなものなのか簡単にまとめてみましょう。

 次亜塩素酸や次亜塩素酸ナトリウムは水溶液の状態で使用されますが、固形の状態で保存、使用される物質もあります。主として次亜塩素酸カルシウム(散剤、顆粒、錠剤)、塩素化イソシアヌル酸(顆粒、錠剤)などがあり、その使用方法は種類によってそれぞれ異なります。しかし、どの塩素系薬剤を使用しても、水中で次亜塩素酸が生じ、その殺菌効果によって消毒が行なわれます。

・次亜塩素酸カルシウム
化学式 Ca(ClO)2 。無色粉末。水に易溶。市販品は通常 50%程度の次亜塩素酸カルシウムを含み、不純物として過塩素酸カルシウム、塩化カルシウム、炭酸カルシウム、水酸化カルシウム、水分などが含まれる。
さらし粉の主要成分で、酸化剤、漂白剤、砂糖の精製、脱臭剤、殺菌剤などに使われる。
また、これを固形化したものはプールの消毒によく用いられる。

塩素化イソシアヌル酸としては主にトリクロロイソシアヌル酸とジクロロイソシアヌル酸塩が使われています。

・トリクロロイソシアヌル酸
トリクロロイソシアヌル酸は、主に塩素化剤、殺菌剤、脱臭剤、殺菌剤、ウールの縮毛防止剤などの用途に使われる白色結晶性粉末で、強い塩素臭を持つ。
分子式は C3Cl3N3O3 で、ナトリウム塩として用いられることもある。
有機合成化学での有機塩素化合物合成の際の塩素化剤、プールの殺菌剤、脱臭剤、家庭用クリーナー(殺菌剤)、ウールの縮毛防止剤、工業用防臭剤など。

      trichloroisocyanuric acid
      トリクロロイソシアヌル酸の構造

・ジクロロイソシアヌル酸塩
ジクロロイソシアヌル酸は常圧下で融点は225 ℃。常温常圧で無色の固体で、密度は2.2 (g/cm3)である。
また、ジクロロイソシアヌル酸はナトリウムと塩を作る他、その2水和物もナトリウムと塩を作る。
ジクロロイソシアヌル酸は、シアヌル酸を塩素化することによって作られる。
ジクロロイソシアヌル酸の分子式はC3HCl2N3O3、分子量は197.96である。

      Dichloroisocyanuric acid
      ジクロロイソシアヌル酸塩の構造


401.次亜塩素酸ナトリウムについて。(2019/02/14)

 次亜塩素酸ナトリウムは塩素系の漂白剤としては最も身近なものです。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸のナトリウム塩です。化学式は NaClO で、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれます。希釈された水溶液はアンチホルミンとも呼ばれています。水溶液はアルカリ性を示します。酸化作用、漂白作用、殺菌作用を持ち、不安定で分解しやすい性質があります。

 水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を通じて得られます。不安定なため、通常は水溶液として貯蔵、使用されます。水溶液は安定で長期保存が可能ですが、時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液(食塩水)に変化していきます。

 上水道やプールの殺菌に使用されています。家庭用に販売されている液体の塩素系漂白剤や、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用されており、製品によっては少量の界面活性剤(中性洗剤の主成分)やアルカリ剤などが加えられています。

 酸化作用により金属類、繊維類のほとんどが腐食されるので、有効塩素濃度を保持するためには使用濃度に調整した後、容器や清拭に用いる繊維の材質、放置時間などに充分注意する必要があリます。

 家庭用の製品の「混ぜるな危険」などの注意書きにもあるように、漂白剤や殺菌剤といった次亜塩素酸ナトリウム水溶液を塩酸などの強酸性物質(トイレ用の洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒な塩素ガスが発生します。浴室で洗剤をまぜたことによる死亡事故も起きているので取り扱いには注意が必要です。また、塩酸ほどではないものの、食酢やクエン酸、炭酸を多く含む物質をかける事も危険です。いずれにせよ換気を良くし、使用量を最小限にとどめる事が重要です。






ホームにもどる  1〜50を見る  51〜100を見る  101〜150を見る  151〜200を見る  201〜250を見る   251〜300   301〜350   351〜400



2007-2019 Seiiti Saito