化学物質過敏症患者によるシックハウス診断

コラム


こちらでは日頃気になっていることを書いていこうと思っています。用語集と重なる話題も出てくるかもしれませんがご了承ください。

過去のコラムはこちら。
1〜50   51〜100   101〜150  151〜200   201〜250   251〜300   301〜350   351〜400  401〜430


NEW441.ソラニンについて。(2020/10/15)

 ソラニンはナスやジャガイモに含まれる天然の毒素です。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 ソラニンは、主にナス科の植物に含まれるステロイドアルカロイドの1種です。分子式は C45H73NO15、分子量 868.07 です。ジャガイモの表皮や芽、ホオズキ、イヌホオズキなどに含まれています。


    Solanine
          ソラニンの構造

 神経に作用する毒性があり、中毒すると溶血作用を示し、頻脈、頭痛、嘔吐、胃炎、下痢、食欲減退などを起こします。可逆的ではあるものの、コリンエステラーゼ阻害作用もあります。成人の中毒量はおよそ 200–400 mg、小児の場合はその約10分の1程度と推定されています。低血圧、神経症状の兆しがあれば 24時間の入院観察が必要になります。大量に摂取した場合は、昏睡状態に陥り、死亡する場合もあります。

 ソラニンはジャガイモの芽に一番多く含まれています。ジャガイモの可食部分は、100 gあたり平均 7.5 mg のソラニンを含んでいて、そのうち3~8割が皮の周辺にあります。 一方、光に当たって緑色になった部分は 100 g あたり 100 mg 以上のソラニンを含んでいるといわれています。

 自家栽培のジャガイモでは含有量の多い小型のものが多いため、可食部 100 gあたり平均約 45 mg含まれています。100g中の含有量が20 mgを超えるものは、食用に用いないのが望ましいとされています。

 特にジャガイモにおいて、必要な対策(芽をえぐる、含有量の多い小いもを避ける、皮部の非食用、日陰の保存、切った後に良く洗い流す等)を取らずに調理し、中毒する例が多いです。中毒に至る量の少ない小児にジャガイモを与える場合には、より注意が必要です。また、ナスの場合は実部分以外に存在し、大量摂取で昏睡状態となり死亡することもあります。ナスは実以外は食べてはいけません。


NEW440.ナス科の植物について。(2020/10/08)

 ナス科の植物は微量ながら毒を持っているものがあります。どういうことなのか簡単にまとめてみましょう。

 ナス科は、双子葉植物綱キク亜綱ナス目の科の1つです。115属2678種からなる大きな群になります。ナスに加え、ジャガイモやトマトなど多くの有用植物が属しています。

 ナス科の植物には、ナスやトマト、ジャガイモのように食べられるものが多いのが特徴です。ナス科の野菜は、熱帯から温帯にかけての地域を原産としていて、トウガラシ属に含まれるパプリカやピーマンなどもこの科の野菜です。加工が容易なため、ケチャップや缶詰、レトルト食品などのなかに原材料として含まれていることがあります。

 ナスやトマト、ジャガイモなどが属するナス属、トウガラシやピーマンなどが属するトウガラシ属、タバコなどが属するタバコ属、チョウセンアサガオなどが属するチョウセンアサガオ属、ホオズキなどが属するホオズキ属、ペチュニアなどが属するペチュニア属などが知られています。

 一年草、多年草、小型の木本などさまざまで、ナス、トマト、ジャガイモなど食用として重要なものが多いですが、一方、有毒植物も多いです。またタバコやチョウセンアサガオなどのようにアルカロイドを含んで薬用とされるものもあります。一般に葉は互生し、花は5数性で、花冠は合着して筒形、鐘形、または皿状になります。おしべの葯 (やく) は先端に孔があってここから花粉を出します。めしべの子房は側膜胎座で多数の胚珠があり、果実には大量の種子を生じます。

 一般に特有のアルカロイドを含むために、多様な生理作用を持っています。これらは薬用や香辛料として用いられる場合もありますが、一般には強い刺激性や毒性を持ちます。なお、食用とされる作物では品種改良により可食部にはアルカロイドがほとんど含まれませんが、ジャガイモの芽・茎(ソラニン)や未熟なトマト(トマチン)などのように非可食部は有毒である場合があります。


NEW439.ハーブとはなにか。(2020/10/01)

 ミントやレモンバームはハーブの一種です。ハーブについて簡単にまとめてみましょう。

 ハーブは、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物です。緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多く、同様の有用植物であっても、種子、実、根、樹皮などは香辛料と呼ばれます。一方で、苔から木本まで、香りや薬効がある有用植物全般をハーブとして扱う場合もあります。

 ハーブは「草」あるいは「野草」、「草木」を意味するラテン語: herba を語源とし、フランス語でherbe(エルブ)、古英語でherbe(アーブ)となり、これが変化して英語のherbとなり、日本に伝わってハーブという言葉が使われるようになりました。

 一般にハーブという場合、ヨーロッパで伝統的に薬草や料理、香料、保存料として用いられた植物を指します。香りや辛味、苦味などの風味を楽しむために用いられるキッチンハーブを指すことが多いです。生または乾燥させたものを、薬味、ハーブティーなどに用いました。

 野菜や穀物、果物などと区別されますが、伝統的な西洋医学の主な治療は食事療法であり、キャベツやタンポポのように、薬用・食用両方に使われたものも少なくなく、明確な区別は難しいです。ローズヒップ(バラの果実)の様に、その実や花弁等の有用部分のみを指してハーブと呼ぶものもあります。一般的な植物名とは別に、ハーブ等として利用する時に使用される固有の名前を持つものも多いです。

 ハーブは古来より、伝統的に薬用・食用・香料・染料などに用いられ、その効果は現代においても認められており、自然療法のひとつとして注目を集めています。中国医学や漢方医学で使う生薬でハーブと呼ばれるものもあります。毒であっても少量用いることで薬となるものもあり、いわゆる有毒植物もハーブに含まれます。使用や栽培に許可が必要なものもあります。


438.シトラールについて。(2020/09/24)

 シトラールはレモンバームに含まれる精油成分です。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 シトラールはレモンやオレンジに含まれるモノテルペンアルデヒドの一種です。2種の立体異性体があり、シス型をネラール、トランス型をゲラニアールともいいます。強いレモンの香りをもつ油性液体で、化学式は C10H16O です。


      Neral_Citral      Geranial_Citral
       ネラールの構造         ゲラニアールの構造

 ゲラニアールは強いレモン臭を持っています。ネラールのレモン臭はやや弱いですが、甘みがあります。それらの香りのため、清涼感を与える香料として香水や香味料、レモン油の強化剤などに用いられます。

 主にレモングラスやレモンバーム(メリッサ)に含まれており、強いレモンのような香りがし、抗菌作用に優れているのが特徴です。合成化学的には、ビタミンA、ヨノン、メチルヨノンの原料となります。

 シトラールには、主に以下の作用があるとされています。

抗菌作用
抗真菌作用
抗炎症作用
抗ヒスタミン作用
抗がん作用
鎮痛作用
鎮静作用

 シトラールには皮膚刺激があるので、使用量には注意が必要です。希釈した精油でも、皮膚感作(精油を用いて起きるアレルギー反応で、発疹や炎症、水ぶくれなど)を引き起こす可能性があります。(d-リモネンが共存すると、弱められます。)使用量や濃度には十分に注意しましょう。


437.レモンバームについて。(2020/09/17)

 レモンバームはハーブの一種です。どのような植物なのか簡単にまとめてみましょう。

 レモンバームは、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年生です。和名はコウスイハッカ(香水薄荷)、セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)です。食べ物や飲料の香り付けや、ハーブとして医療に利用されてきました。葉はシトラールを含み、ハーバルでフローラルな、レモンを思わせる香りがします。夏の終わりに、蜜を持った小さな白い花もしくは黄色い花をつけます。

 繁殖力が非常に強く、かつては人間より長生きすると考えられていました。地上部は冬には枯れますが根は数年生きるため、雪解けと同時に成長を始めます。雪が積もる頃に出た葉が雪の下で枯れずに冬越しすることができるほど耐寒性に優れています。

 建物の間や年中太陽の当たらない湿った場所を浅く耕しておき、種を撒いた後に水をかけて放置します。荒地でもよく育つので、手が掛かりません。また、毎年種を周囲に零すので一度撒いたら毎年どんどん増えます。

 成長が盛んな頃に葉を摘み採り、乾燥させたものがハーブティーやポプリなどに用いられます。生葉もその都度摘み採り、ハーブティーやアイスクリームに風味を添える用途のほか、サラダ、魚料理、鳥料理、豚肉料理などに用いられます。

 レモンバームは葉の部分を使用することが多く、主要な成分として、精油成分、タンニン類、フェノール酸、ロスマリン酸などが含まれます。レモンバームには精神の高ぶりを鎮め、頭痛や腹痛などの痛みをやわらげる働きがあります。最近の研究では、アルツハイマーの予防や放射線防御の効果が期待できるといった実証的研究も行われています。

 レモンバームには精油成分が含まれており、シトロネラールやシトラールが知られていて、神経を落ち着かせ、気分を高めます。シトラールは、防臭剤、軟膏、殺虫剤に香りをつけるためにも使われています。


436.メントールについて。(2020/09/10)

 メントールはメントに含まれている化学物質です。どのような物質なのか簡単にまとめてみましょう。

 メントールはハッカの葉に含まれる精油の主成分で、いわゆるハッカの芳香成分です。化学式C10H20Oの単環式モノテルペンアルコールで、3個の不斉炭素をもつため四つの立体異性体があり、それぞれが光学活性体をもつため、ラセミ体を含めて12の異性体が存在します。


      Menthol
      メントールの構造

 メントールを皮膚に接触させると冷やりとした感覚が得られます。これは実際に温度が低下するためではなく、冷感を引き起こす TRPM8 と呼ばれる受容体活性化チャネルをメントールが刺激することによるとされています。

 芳香成分として重要なのは天然に産する l‐メントールで,ハッカ脳ともいいます。

l‐メントール
 さわやかで特異な香りがする無色針状晶。融点 43℃。エチルアルコール、エーテル、クロロホルムに易溶、水にやや溶けにくい。感覚神経末梢を刺激して冷感を起し、次いで感覚を麻痺させる作用をするため、皮膚瘙痒、神経痛などに 1~2%エチルアルコール溶液として外用される。また内服すると、胃粘膜を軽く刺激し、あるいはその芳香、清涼味により反射的に消化管の運動、分泌、吸収などの機能を亢進させる。やや多い量では、胃粘膜を鈍麻させて鎮痛、制吐作用を示す。異常発酵、胃痛、嘔吐などの際には内服される。医薬品以外に、食品、飲料、たばこ、香料品、嗜好品などにも広く使用されている。

 リップクリームや咳止めなど、軽い咽頭炎や口・喉の弱い炎症を短期間軽減する大衆薬に含まれます。 かゆみを止める鎮痒薬にも分類されています。また、筋肉痛や捻挫などの症状を緩和する配合剤や、鬱血除去薬などにも含まれています。一部銘柄のタバコでは、香り付けや、喫煙による喉や呼吸器の炎症を軽減する目的で添加剤として使われています。また、一般的なうがい薬の成分としても使用されています。


435.ミントの種類について。(2020/09/03)

 一口にミントといっても多くの種類があります。主なものについて簡単にまとめてみましょう。

 ミントは自然雑種ができやすいため、かつては600種ほどに分けられていましたが、今では40種ほどに整理されています。世界各地に分布し、種により精油成分が異なるために香りもさまざまで、チョコレートやオーデコロン、グレープフルーツ、バナナなど、意外な香りをもつミントもあります。

 代表的なものとしては、ペパーミント、スペアミント、コーンミント(日本はっか)の3つになります。

ペパーミント
 スペアミントとウォーターミントの自然交雑種で、こちらの主な香り成分はメントールやメントフラン。スペアミントより清涼感や刺激が強く、ハーブティーやデザート類、カクテル、料理などの定番フレーバーの1つである。またペパーミントを蒸留して採る精油成分は食品、オーラルケア用品、湿布薬などにも幅広く使われている。

ペパーミント
 スペアミントとウォーターミントの自然交雑種で、こちらの主な香り成分はメントールやメントフラン。スペアミントより清涼感や刺激が強く、ハーブティーやデザート類、カクテル、料理などの定番フレーバーの1つである。またペパーミントを蒸留して採る精油成分は食品、オーラルケア用品、湿布薬などにも幅広く使われている。

コーンミント(日本はっか)
 さまざまなミントの中でメントールの含有量がもっとも多く、主に高純度のハッカ脳(メントールの結晶)や精油(エッセンシャルオイル)を採るために栽培される。苦みや樟脳臭があり食用にはあまり向かない。

 上記のほか、フルーツ系だけでも、アップルミント、パイナップルミント、グレープフルーツミント、バナナミント、オレンジミント、レモンミント、ストロベリーミントなど多くの種類があります。


434.ミント(ハッカ)とはなにか。(2020/07/16)

 ミントは有名なハーブの一種です。どのようなものなのか簡単にまとめてみましょう。

 ミントはシソ科ハッカ属の総称です。日本に自生するハッカを含み,北半球の温帯や南アフリカ,オーストラリアに約 25種が分布する多年草です。変異に富み,自然交雑も生じやすいため分類がむずかしいとされています。繁殖力が旺盛であり、零れ種と地下茎により繁殖します。畑地などに地植えすると駆除が容易ではなくなり、雑草扱いされることもあります。

 ミントは非常に種類の多いハーブです。なかでも代表的なものが、ペパーミント、スペアミント、コーンミント(日本はっか)の3つになります。とくに、ペパーミントとコーンミントは薬効が高く、メディカルハーブとして広く利用されています。

 葉は、爽快味および冷涼感を与えるメントールに富むため、ハーブとして料理、カクテルや菓子、薬用酒などの材料となるほか、精油(エッセンシャルオイル)は香料として食品や歯磨き粉に添加されたり、アロマテラピーや消臭や虫除けに用いられます。精油はハッカ油、メントールの結晶はハッカ脳の名称で市販され、かつて北海道北見市が世界的な産地であったことから、北海道内の土産屋の定番商品となっています。

 利用法は、種によって異なります。ミント類はハーブティーや料理の香りづけなど飲食用に使われることで知られますが、大きく分けるとスペアミントは料理に、ペパーミントやハッカは飲み物に合うといわれます。また、スペアミント系のなかでもフルーツの香りをもつものは、フルーツが入ったサラダやデザートによく使われます。

 ミントから精油を取るには、ミントの全草を蒸気釜に隙間無く充填し、釜内に高圧水蒸気を吹き込み、排出される蒸気を冷却した後、水と分離した上澄みのオイル部分を採取します(水蒸気蒸留)。


433.不織布の用途、素材について。(2020/07/02)

 引き続き、不織布の用途、素材について簡単にまとめてみましょう。

 不織布の用途は多岐に渉ります。風邪の時に使用するマスクや紙おむつなどの衛生用品やカーペットなどのほか、生活用資材(水切り材、包装材)、産業用資材(フィルター材、電池用セパレーター、吸音材)、建築用資材(ルーフィング材、ハウスラップ、壁紙)、土木用資材(養生シート)、医療用資材(防護用衣料)、車両用資材(内装材、自動車用各種フィルタ-)、農業用資材(園芸用資材、防草シート)など多方面で活用されています。


 不織布は、様々な原料を用途によって使い分けて作られています。

ポリプロピレン(PP)(ホモポリプロピレン・ランダムポリプロピレン)
水に浮く繊維です。染色性、接着性の悪さなどから衣料分野には向きませんが、吸水性、吸湿性がないことを活かす、紙おむつ・医療用ガウンなどに使用されています。

ポリエチレンテレフタレート(PET)
不織布の原料の中でも耐熱性が高く、非常に高透明で発色があり、硬くて強度があります。様々な国で生産・使用されているため生産量も合成繊維の中で最多です。

ポリエチレン(PE)
ポリプロピレン(PP)と同じような性質を示しますが、ポリプロピレン(PP)に比べ柔らかいといった特徴があり、自動車内装材やカーペットとして多用されています。一般的に不織布の材料として使うことが難しく、ポリエチレン(PE)不織布は珍しい素材です。

上記のほか、レーヨン、ナイロン、ビニロン、パルプなども使われています。


432.不織布の製法について。(2020/06/25)

 前回の続きで、不織布の製法についてまとめてみましょう。

 不織布の製造工程には、フリース形成と繊維間結合の2工程があります。まず、フリースと呼ばれる繊維の集積層を形成し、次に繊維同士を結合させます。それぞれの段階において様々な製法があり不織布の原料・目的・用途に応じて選択されます。


・フリース形成法

乾式法
比較的短い繊維(15〜100mm、ステーブル・ファイバー)を薄いシート状に形成する。主に、機械的にくし削りながら形成するカーディング方式と、空気流を利用してランダムに形成するエアレイド方式がある。
湿式法
紙をつくる場合と同じように、ガラス繊維やパルプ原料のようなごく短い繊維(6mm以下)を水中に分散し網状のネット上にすき上げてフリースを形成する。
スパンボンド法
熱可塑性高分子を溶融させ、連続した長繊維状に吐出しながら形成する。
メルトブロー法
スパンボンド法の一種。高温の空気を当てながら形成し、繊維をより細くすることができる。


・フリース結合法

サーマルボンド法
低融点の熱融着繊維を混合したフリースを、熱ロールの間を通して熱圧着する。または熱風を当て、繊維同士を接着させる。
ケミカルボンド法
エマルジョン系の接着樹脂を含浸あるいはスプレーなどの方法でフリースに付着させ、加熱・乾燥させて繊維の交点を接着する。
ニードルパンチ法
フリースを、高速で上下するニードル(針)で繰り返し突き刺し、ニードルに刻まれたバーブという突起により繊維を絡ませる。この方法だけで製品化したり、別の結合法と組み合わせて用いる。
スパンレース法(水流絡合法)
高圧水流を使用し繊維を絡み合わせる。
ステッチボンド法
ガイドベルト上で形成した繊維に、一定方向からニードルパンチを加えて結合する。編込み様の表面と起毛した裏面を同時に形成できる。
スチームジェット法
加熱蒸気を吹き付けて繊維を結合させる。


431.不織布について。(2020/06/18)

 使い捨てマスクの多くは不織布でできています。不織布についてまとめてみましょう。

 不織布とは、繊維を織ったり編んだりせずに、繊維自身の性質を利用し一般的にはランダムに重ねた繊維を接着剤や熱などで成形した製品のことです。ただし JIS L0222 では、「紙、フェルト、編物を含まない」とされています。

 一般に以下のような特徴があります。

長所
ランダムに結合されたものは強度や伸びなどに方向性を持たない。
大量生産ができ、安価でもある。
複数の素材を容易に組み合わせることができる。
厚みや空隙を簡単に変更できる。
など。

短所
織られた布と比較すると強度が劣る。
透明なものをつくることが難しい。
など。

 使用繊維は綿,レーヨン,アセテート,ナイロン,ポリエステルなどで,目的に応じて単独または混合して使用します。繊維を配列させる方法に、梳綿(そめん)機でウェブを作り、これを積み重ねる乾式と、抄紙方式による湿式があります。現在実施されているのはおもに乾式で、製品の強度も湿式にまさっています。

 不織布の製法は短繊維不織布と長繊維不織布の2つに大別できます。短繊維不織布は化合繊短繊維を原料に、紡績で使用するカード機などでシート状にした後、様々な手法で不織布にします。接着剤を使用するものがケミカルボンド不織布(CB)、熱融着繊維などを使ったものがサーマルボンド不織布(TB)、特殊針で繊維を交絡させるものがニードルパンチ不織布(NP)、高圧水流で繊維を絡ませるのがスパンレース不織布(SL)です。

 一方、長繊維不織布は化合繊を製造するように、溶けた原料樹脂を防止した後、自己接着させて生産するスパンボンド不織布(SB)を主体に、原料を高圧で押し出し熱風で吹き飛ばすことで極細不織布にするメルトブロー不織布(MB)などがあります。




ホームにもどる  1〜50を見る  51〜100を見る  101〜150を見る  151〜200を見る  201〜250を見る   251〜300   301〜350   351〜400  401〜430を見る



2007-2020 Seiiti Saito