化学物質過敏症患者によるシックハウス診断

シックハウス診断の流れ

測定方法はパッシブ法室内空気測定となります。

1.調査・問診 はじめに事前の準備と調査を行います

室内空気の採取を行う前に、簡単な調査・問診を行います。
  • 築年数
  • リフォームの有無
  • 使用されている建材
  • 家具やカーテン、絨毯など
  • 換気システム、空調システム
  • 生活スタイル(在宅時間、掃除方法)
  • 周辺環境(大気汚染の有無、近隣施設、農地)
2.サンプリング
室内空気の採取を行います

パッシブ法により室内空気のサンプリングを行います。

サンプリング
室内空気測定では、ホルムアルデヒドおよび、揮発性有機化合物(VOC)についての室内濃度を測定します。これらの化学物質による毒性障害、健康影響には以下のようなものが報告されています。

<ホルムアルデヒドによる毒性障害/健康影響>
  • 目の痛み
  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 臭覚の鈍化
<VOCによる毒性障害/健康影響>
  • トルエン … 疲労、めまい、体力減退、不眠、呼吸器疾患の悪化特に喘息
  • キシレン … 目、鼻、喉を刺激し、バランス感覚を失わせる
  • スチレン … 粘膜の炎症、中枢神経抑制作用
  • エチルベンゼン … 目や皮膚への刺激、咳、めまい、皮膚の乾燥、皮膚炎
  • パラジクロロベンゼン … めまい、頭痛、腎炎、発がん性もあり
3.結果の報告
検出された化学物質について報告を行います

採集した試料は、「財団法人広島環境保健協会」で精密な分析を行います。
室内空気の採取から分析結果が出るまでには7日前後かかります。
その後、測定結果や厚生労働省の指針値との比較などをご説明した、分析報告書を作成させていただきます。


パッシブ室内空気測定法による
測定スケジュール(標準的な24時間測定の例)

時刻 工程内容
8:30

9:00
室内換気の開始
(戸、窓、扉等をすべて開放する)
室内換気の完了
9:00


14:00
空気環境の維持
(外気と交わる戸、窓等を締め切り、5時間維持する。その間は人の出入りを極力少なくする。)
13:30頃から、空気環境の測定準備開始
14:00
翌日
14:00
測定の開始

測定の終了 ※24時間実施する











ホームへもどる

   2007-2017 Seiiti Saito